資格の証明書は保管を

資格の証明書は無くさないように

資格の免許や証明書は保管

資格を取得した際に貰うことになる免許や証明書は、取得した後も何かしらの形で使用することが多いです。たとえば、一番取得者が多いといえる免許証は、運転の際に必ず携帯しておかなければならないし、原本を紛失してしまった場合にもコピーをしていれば、速やかに再発行が可能になります。また、業種によっては保管が義務付けられているものもあり、様々な場面において必要になります。就職の際に書くエントリーシートの保有資格欄の裏付けとして証明書を用いることもあるでしょう。特に学生の頃に取得したものは、社会人になってから探しても見つからないことが多いです。取得したらすぐに保管することを意識しておきましょう。

証明書は大切に保管を

資格試験に合格すると、合格証書など取得したことの証明書が発行されることがあります。その時点では必要ないと思い仕舞い込んで忘れてしまう事も多いものですが、後で必要になることもあるためきちんと保管しておきたいものです。就職や転職の際に、いつ取得したかを書類に記入することがありますが、意外と取得年月日は覚えていられないものです。また、資格によっては登録や業務の上で証明書の提示が必要になることがあります。そういった時にあわてないように、一つのファイルにまとめておくなどどこにあるかが分かりやすいようにしておきましょう。

↑PAGE TOP

Copyright © 資格の証明書は無くさないように All rights reserved